【操縦士日誌1383】もう今年も残すところ2ヶ月か 30

ここでは、「【操縦士日誌1383】もう今年も残すところ2ヶ月か 30」 に関する記事を紹介しています。
***今日のBGM***
高画質、高音質で見る洋楽名曲選 Scatman John - Scatman、他

(´・ω・`)素晴らしい歌唱力のおっちゃんだった・・・・・・・・・・なんてインパクトの強い楽曲
ガキの頃に聞いた曲なのにまだ覚えてる不思議

どうもこんばんは。
明日から12月ですってよ奥さん(だから誰だよw
某操縦士です。

しかし指先が乾燥して仕方ないねえ
所々出血して痛いよ
毎年のことなので(ry

(中略)
第二百六夜
幻の名車 207系900番台

国鉄末期に1編成だけ 常磐緩行線に投入された幻の名車でもあり試験車であった
207系900番台

この形式を見て何で西の207系が?と思った人もそう少なくはないはずだ
それもそのはず
国鉄時代は同じ会社だったから形式が被ることは当然のことだった

分割民営化後 それぞれ独自に
車両を開発 発展させていった

この常磐緩行線の場合は
103系1000番台→203系十数本→207系1本だけ→209系1000番台2本と
203系以降は殆ど新車が大量に入ることがなく
207系も故障と闘いながら運用に入ったり外れたりを繰り返した

何故故障が多かったか
国鉄末期の開発ゆえ VVVFモーターがまだ鉄道車両に普及し始めた時期
ある意味今後の本格採用(予定では北陸新幹線だったらしい)の開発のために投入された研究対象でもあった

モーターが当時最多の5社で別々の車両に採用
富士電機・東芝・三菱電機・日立・東洋電機

製造所も2社
川崎重工業6両の東急車輛4両

そして完成したのが207系900番台だった

登場から暫くは順調だったが
1編成に5メーカーのVVVFで構成されており
交換部品の確保の難しさなどからコストが嵩み
量産化には至らず 2009年末に廃車となった

しかしこの車両で培った技術が
まさか武蔵野線205系更新に生かされるとは
ある意味驚きだった
【1日1回は動画で***】

さあ さ技師の新作来るぞー

みんなで全裸待機だ(やめれ

それではまた明日。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する