【操縦士日誌1848(PC簡易)】1年前 この場所で・・・・・・・

ここでは、「【操縦士日誌1848(PC簡易)】1年前 この場所で・・・・・・・」 に関する記事を紹介しています。
※特設BGM
NEC_0880.jpg
(某・ω・)どうもこんばんは。
今日はあえて画像は縮小せずに
某操縦士です。

3.11 2011年も3ヶ月目に差し掛かったあの日でした

アルバイト先の業務を終えて巣へ戻る途中
この場所(下板橋~板橋の道)であの大きな長周期地震に襲われました
道は小波を打つように揺れ 建物もガタガタを大きな音を立てて目視で揺れがわかるくらいに・・・・・・・

この後幹線道路に出るためにさまよい
明治通り経由でまず王子駅へ
幸い駅の自動販売機は普通に販売中 飲み物を確保し
駅の液晶モニターにはNHKの生中継映像 津波・・・・・・・

北本通りを歩き 途中のコンビニに公衆電話があり ようやく自宅に連絡がつく
津波が遡ってくるかもしれない恐怖がある新荒川大橋を超えて
自分の住む川口市へとたどり着いたのは
震災発生から3時間程度経過してからであった

地元は震度5強でありながら停電等もなく
幸いガスの供給が自動停止した程度で軽微な被害で住んだ
この数日後から輪番停電で自動停止することにはなったが・・・・・・・・・・・・・

もう1年経過してしまったのですね 本当
東北太平洋側では軒並み10Mを越える大津波が押し寄せ
大勢の尊い命が失われた
地震被害よりも津波被害が上回った震災

風化させないために文章・動画など出来る限り残しましょう
それがいずれ来る宮城沖地震や三陸沖地震の被害縮小にきっと役立つのだから
(後半戦)
(某・ω・)そして次は我々関東民が直下型地震と戦う時が迫っている

昨年のような買い占めとかそういう我儘なことをなくそうぜ
できるだけ分け合う精神をもって欲しい

それが生存者を増やすことにもきっと繋がる
これは地震との戦いなのだから・・・・・・・

それではまた明日。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する