【操縦士日誌2022(PC簡易)】私鉄は大きく変化するけどJRはそこまで進化しない不思議

ここでは、「【操縦士日誌2022(PC簡易)】私鉄は大きく変化するけどJRはそこまで進化しない不思議」 に関する記事を紹介しています。
(某ーωー)どうもこんばんは。
これはどこでも同じですよね
某操縦士です。

来週日曜(10/21)
都内に本社を置く某私鉄会社の一部区間が完全高架化されます

これを大きな変化と言わずに何というべきなのでしょうね
2ヶ月前は某大手私鉄一部区間が地下化され開かずの踏切が多数解消されましたし
地下化・高架化の効果は図り知れないですね

んで毎年恒例だった野戦司令所も既に解散済
ランナー通して電車を止める
あの頃は神業でした
(後半戦)
(某ーωー)あと1週間程度で完全に消えるコバンザメ運用
※10.21ダイヤ改正後は増結車区間品川・神奈川新町~金沢文庫に固定
日曜日に関しては完全に増結を取りやめる

蒲田要塞工事による輸送力の低下と

横浜方面からの空港線暫定輸送の為に生まれたその列車

そしてコバンザメ運用の為に消滅した逗子線急行

コバンザメ運用と逗子線急行は互いに反比例する立場
コバンザメ運用を1時間6本にすれば急行は消え
コバンザメ運用を廃止すれば急行が復活する
さらに増結運用を縮小すれば急行が増える
※ここでの急行は南側のエアポート急行・逗子線急行を表します

まずコバンザメ運用のメリット
(1)基本的に最上位種別に連結されるので一部区間はとても速い
(2)金沢文庫以南の普通停車駅から乗れるので快特通過駅の汐入・おっぱま民の救済ができる
(3)基本的にコバンザメ運用は品川・羽田空港~新逗子・浦賀10分交互でわかりやすい

(1)
(某ーωー)基本的に 金沢文庫~京急川崎 まで快特
当時通過駅だった金沢八景からコバンザメ運用を使えば
八景で乗る

外側線走行中に快特に抜かれる もしくは駅手前で増結先の快特を待つ

快特が文庫3番線停車

外側線から本線へ転線~一旦停止~連結

増結車両ここから快特
(1)快特 羽田空港行(後4両) 前8両は青砥・高砂・(北総線直通)or品川・泉岳寺
停車駅 上大岡 横浜 京急川崎 
京急川崎から特急 京急蒲田
京急蒲田から空港線内各駅に停車(種別は特急のまま)
(2)快特 品川行(後4両) 前8両は(1)と同様 
停車駅 京急川崎まで(1)と同様
京急蒲田 品川


(2)通過民救済
2012年10月20日まで追浜・汐入通過救済の為にコバンザメ運用が続けられ
最終的に京成押上線直通に増結される形で残った
この救済ももう間もなく終了する

ちなみに改正後の救済策は特に無い
八景まで来て逗子線からくるガラガラのエアポート急行羽田空港行で横浜へ出るか
八景まで来てすし詰めの快特で横浜・品川へ出るか
普通車に揺られて横浜へ出るしかなくなる

個人的に次々回改正でSH快特orA快特のどちらか1つが特急に戻ると踏んでいるし
もしかすると本線快特が無くなる可能性すらある
※実は次回改正で青物横丁・立会川・平和島も相当な冷遇を受けることになっており
自治体からの苦情は避けられないと思われる
なお久里浜線快特の特急化メリットがかなり大きので
実行に移す確率はかなり高い
仮に行われれば
(1)青物横丁 平和島 追浜 汐入民通過救済完了
(2)急急接続が可能になる
(3)エアポート急行がかなりの区間逃げられる


(3)
(某ーωー)これは遠征民+ヲタのみかもしれない
他者からすれば増結車の行先と基本編成の行先が違うので混乱しやすいと(ry


10.21改正
途中種別変更ありのコバンザメ運用 完全廃止(種別変更なし増結のみラッシュ時中心に継続)
昼間の増解結廃止(快特は8両固定 一部区間は混み合うので急行をご利用ください)
エアポート急行(羽田空港から横浜方面を結ぶ便限定)殆どの時間帯10分間隔 6両編成も登場
※一昔前 夕方に新逗子行急行があったのでこれでほぼ元の形に戻る(空港線除く
北エア急の昼間快特化 40分に1本はエアポート快特









便利と見るか
不便と見るか

それは蓋を開けてみないとわからない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



それではまた。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する