【(某―ω―)隔誌】0033 過酷なスピードアップ/タイトなダイヤの行き着いた先

ここでは、「【(某―ω―)隔誌】0033 過酷なスピードアップ/タイトなダイヤの行き着いた先」 に関する記事を紹介しています。
(某―ω―)|】【|今日の艦これBGMアレンジ
また買うものが増えたでち(虎鎮守府)

(挨拶―ω―)どうもオハヨウゴザイマス。
今から12年前の朝8時頃
福知山線(宝塚線) 塚口~尼崎間にて脱線転覆事故が発生
主な原因としては

・大幅な速度超過(約50キロ以上)の上のカーブ走行+急制動よる台車の浮揚
・速度照査付のATSがまだ使われていなかった(この年に使用開始予定だった)
・ライバル路線意識の為 常に乗務員へ負担がかかるダイヤ(回復が不可能)
・それを追い求める乗客たち()

この事故を受けて反対に速度向上自粛してしまったのが
関西ではなく 実は関東の鉄道会社である

京急 130km/h認可を目指していたが 事故後新型ATS(C-ATS)導入による縛りにより挫折
東急(東横線) 120km/h認可を目指していたが 入ってくる直通車種に難があり挫折
相鉄 事故を受けて最高速度リミッタを車両に導入 スペック値より低い速度でしか走行できない
京成 NSAはアクセス特急も130km/h予定だったが 結局120km/hに落ち着いてしまった
その他の鉄道会社もATSの導入状況を再確認したり相当神経を尖らせた

JR東日本も例外ではなく
東北縦貫線開業時に東海道線一部区間で速度向上予定だったが 結局そのままとなった
湘南新宿ラインも暴れ馬なダイヤが修正されて 普通の乗り物になった

与えた影響は 本当に大きかった。  それがあの脱線事故であることを忘れてはならない





(小山監督―ω―)ミヤヤマスゴクカタイイスゲーム
2017年度版 現在 18勝 11敗  
Status:
1/1 ●(U521) ●(U12) ●(U4)
1/2 ○(S-28) ○(U633) ●(U58) ○(K-18)
1/6 ○(S-31)
1/10 ●(U37)
1/20 ○(K-36) ○(U235)
1/27 ○(S-14)
1月期 7勝5敗 勝率7割1分5厘

2/3 ●(U502) ○(U115)
2/14 ●(U2)
2/24 ○(E-59) ○(U220)
2/28 ○(U227)
2月期 4勝2敗  勝率5割

3/17 ●(U39) ○(U111)
3/21 ○(E-04) ○(S-07)
3月期 3勝1敗 勝率 7割5分 

4/4 ★(U8) ★(K-31) ☆(S-29)
4/7 ○(U109) ●(U45)
4/21 ☆(S-13) ☆(U219)
4月期 4勝3敗  勝率 7割5分

5/2 (上野→赤羽)
5/12 (赤羽→川崎/川崎→赤羽)
5/26 (赤羽→川崎/川崎→赤羽)
(鉄道波止場―ω―)でも あの事故がなかったら
逗子線系統の急行種別は復活しなかったかも。

本当はエアポート特急の復活予定だったらしいが
それではまた過度なスピードアップが求められるので
エアポート急行に落ち着いたという話もある

がんばれエアポート急行

そいじゃまた。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する